若返りは不可能ではありません|ボトックスは若返りの薬

レディ
このエントリーをはてなブックマークに追加

小顔プチ整形の注意点

男性医師

筋肉が縮小する

ボトックス注射は小顔効果のあるプチ整形として人気があります。また美容外科では、ふくらはぎの筋肉太りを解消したり、わきがを治療したりするのにも用いられます。いずれもボトックスの、筋肉の働きを弱める作用を使った施術です。もともとボトックスは、食中毒の原因となるボツリヌス菌から抽出された毒素を原料としています。ただし無毒になるまで薄められているため、注射で中毒を起こしたりすることはありません。ボトックス注射は、主として咬筋が発達しエラが張っている方に適用されます。咬筋は物を噛むのに必要な筋肉ですが、発達しすぎていると顔の横幅が広くなります。ボトックスは咬筋の力を弱めることで、小顔にする効果を狙っています。力を弱めるといっても、物が噛めなくなったりすることはありません。ボトックス注射の効果は、原則として半年ほどしか続きません。しかし効果が切れる前に次の注射をすれば、徐々に筋肉自体が縮小していくため、小顔効果が長続きします。ボトックスで咬筋が縮小すると、その分だけ皮膚にたるみが出ることがあります。若い方には大きな影響はありませんが、もともと頬にたるみがある方は、目立つ場合もあるため注意が必要です。

リフトアップと併用

皮下の脂肪や筋肉の量が減少すると、それだけ皮膚にたるみが出るのは、ある程度自然なことといえます。ボトックスの副作用で老化が進んだというわけではありません。そのためボトックスの効果が切れれば、たるみも自動的に解消します。しかし、どうしても頬のたるみが気になる方は、リフトアップ術を併用することも考える必要があります。美容外科では皮膚を直接引き上げるフェイスリフト手術のほか、レーザーや高周波を使った切らないリフトアップの施術も行なっています。眉間の縦ジワや目尻の表情ジワの予防にも、ボトックス注射が有効です。表情ジワは筋肉が同じ動きを繰り返すことによって、皮膚に深く刻まれていきます。ボトックスで筋肉の緊張を和らげれば、シワができにくくなります。この場合にも、額にボトックス注射を打つことでまぶたが上がりにくくなり、たるみを生じたり表情がこわばったりすることがあります。注射をする位置や分量には注意が必要です。ボトックス注射は安全性の確立した治療法ですが、たるみを避けるには医師に十分な知識が求められます。小顔効果を狙って施術を受ける側も、ある程度の年令になったら、たるみ対策を頭に入れておきましょう。